アンフェアthe special「コード・ブレーキング〜暗号解読」人物相関図とあらすじ

アンフェアthe special「コード・ブレーキング〜暗号解読」 2


Pocket

アンフェア

unfair 2006年のドラマシリーズから始まったアンフェア。秦建日子の小説「推理小説」をドラマ化したものだった。秦建日子はサスペンスドラマのシナリオライターを経て、数々のドラマ制作に携わってきた人だ。サスペンスドラマとしてのクオリティが高く、「アンフェア」終了後、多くのファンが続編を望み、以後、続編やスピンオフが作られた。 ドラマ版フェアの人物相関図とあらすじ

登場人物

雪平夏見

雪平夏美は捜査一課の犯罪検挙率警視庁トップの美人刑事である。捜査一課の刑事だった父は15年前何者かによって殺された。父が最後に見た景色を見るために父が死んだ場所に横たわる。それ以降、雪平は犠牲者が最後に見た風景を見るために死体のあった場所に横たわる。

アンフェア 人物相関図とあらすじ

下記の死亡はドラマ版アンフェア1~11話で死亡した人とその事件名を記載している。前回の事件「推理小説型予告殺人事件犯人」「募金型誘拐事犯人」「✖マーク連続殺人事件犯人」で多くの死んでしまう。その発端となったのは、雪平が少年を撃ってしまったことであり、✖サイトの存在であった。ラストで雪村は何かを見つける。

捜査一課
捜査一課 雪平夏見・刑事(篠原涼子)
捜査一課 安藤一之・新米刑事(瑛太)→死亡・✖マーク連続殺人事件犯人
捜査一課 安本 正広・巡査部長(志賀廣太郎) 捜査一課
捜査一課 小久保祐二・係長(阿部サダヲ)→指揮官に昇格
捜査一課 山路哲夫・管理指揮官(寺島進)→左遷
捜査一課 蓮見杏奈 ・情報解析係(濱田マリ)→重症
鑑識課 三上薫・検視官(加藤族也)
岩倉書房
岩倉書房 瀬崎一郎・雑誌編集者(西島秀俊)→死亡・推理小説型予告殺人事件犯人
岩倉書房 森川 静雄演 瀬崎の上司(大高洋夫)→死亡・✖マーク連続殺人事件
岩倉書房 松本理恵子(小林麻央)→死亡・推理小説型予告殺人事件

誠文出版 野口耕二→死亡・推理小説型予告殺人事件
人気作家 久留米隆一郎(井上順)→死亡・✖マーク連続殺人事件
ゴーストライター 平井唯人→死亡・推理小説型予告殺人事件

新聞社
新聞社 佐藤和夫・日報新聞社社会派デスク(香川照之)→フリー
新聞社 武田寿男・日報新聞社編集長(大河内浩)→死亡・✖マーク連続殺人事件
佐藤美央 佐藤和夫の娘
家政婦 牧村紀世子(木村多江)→死亡・募金型誘拐事犯人
加害者 広田祐次(伊藤洋三郎 )→死亡・✖マーク連続殺人事件
公安部 斉木 陣・警視庁公安部公安総務課管理官警視(江口洋介)
元公安部 雪平総一郎・井原秀雄・加納肇・内藤真司・樋口幹夫・松田敬吾・安本正広

アンフェアthe special「コード・ブレーキング〜暗号解読」人物相関図とあらすじ

アンフェアthe special「コード・ブレーキング〜暗号解読」あらすじ

「アンフェア」のラストより 雪平は、安藤が死んだ場所に横たわり、安藤が最後に見た景色を見る。そして、あることを発見する。 「after x comes y」というメモが残されていた。

4人の警察OB死亡

加納肇 急性アルコール中毒 内藤真司 列車ホームから転落 樋口幹夫 交通事故 松田敬吾 自殺 4人の元警察幹部が立て続けに死んだことは連続殺人事件であるとする雪平。しかし、捜査一課は殺人事件として扱わなかった。公安部の斉木陣の見解は雪平と同じであり、✖サイトと関連があると考えていた。閉鎖されていた✖サイトが復活していたのだ。

安藤のDVDには続きがあった

安藤が残したDVDには雪平の父についても語られていた。安藤は雪平の復讐のために、雪平の父雪平総一郎のことも調べていたのだ。そして、父親は公安部から刑事部に異動したことがわかり、父親を殺した犯人は公安部の人間であり、公安部の5人と接触すれば何等かの手がかりが得られるかもしれないという内容だった。その5人の名前が以下だ。 井原秀雄 加納肇 内藤真司 樋口幹夫 松田敬吾 DVDの続きを見た雪平は井原秀雄を呼び出すが、会う直前に井原はビルから落ちて死ぬ。井原は雪平に「CL0034、公安、コンピューターの中」と言って死んだ。

雪平、公安部潜入捜査

4人の警察官はいずれも公安部のOBであったことから、刑事部は雪平を公安部に潜入捜査させる案を出していた。DVDを見た雪平は公安部に行くことを望んだ。

ハッキング

雪平は入院中の蓮見に公安のコンピューターの中をハッキングをするように頼んでいた。蓮見から「CL0034」というフォルダが送られてきた。フォルダを開くとY‘s file」というフォルダがあった。升目と文字「Lullaby」が表れた。三上はコードブレイキングではないかと暗号解読について雪平に説明した。 他のフォルダを開いてみると、帳簿らしき表が出てきた。三上は機密費ではないかと言う。数字の横にアルファベットがあった。「H I K M N Y」それぞれ、殺された5人のイニシャルではないかという見解だった。6人目のYが誰なのか。かつて、松田敬吾に機密費不正流用疑惑がったことは佐藤和夫から聞いていた。

コードブレイキングの秘密

佐藤和夫は古い機関誌の中に死んだ5人が一緒に写っている写真を見つけた。写真に写っているのは6人で、死んだ5人と安本だった。安本は拉致された様子だった。雪平の携帯が鳴り「安本はY’s fileの中のファイルと引き換えだ」と言う。「Lullaby」と升目のコードブレイキングは、雪平だけが知っていると犯人は言った。暗号は解読され、多額のお金が振り込まれている銀行口座が記録されていた。

クーデター計画

安本らは理想の警察を作るためにクーデターを起こそうと資金を集めていた。クーデターの首謀者は雪平の父だった。そして、Y’s fileの「Y」は雪平だった。死んだ5人は多額の金に目が眩み父雪平総一郎に謀反を起こし、雪平の父を殺した。雪平の父は謀反を知り、殺される前に計画と裏金、すべてを娘に託し封印していた。安本は59歳、現役のうちに雪平の父の敵を討ちたかったと。

劇場版 アンフェア the movie

雪平の父親はクーデターの首謀者だった。しかし、それは父の手によって実現することはできなかった。しかし、警察内部には…。多額の資金の行く先は? 劇場版 アンフェア the movieのあらすじと人物相関図

アンフェア シリーズのあらすじと人物相関図

  • テレビシリーズ アンフェア 全11回
  • テレビスペシャル アンフェア the special 「コード・ブレーキング〜暗号解読」
  • 劇場版 アンフェア the answer
  • テレビスペシャル アンフェア the special「ダブル・ミーニング 〜二重定義」
  • テレビスペシャル 「ダブル・ミーニング Yes or No?」
  • 劇場版 アンフェア the end
  • テレビスペシャル アンフェア the special「ダブル・ミーニング〜連鎖」
Pocket


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 thoughts on “アンフェアthe special「コード・ブレーキング〜暗号解読」