映画「ジェイソン・ボーン」を見る前に「生年月日のメッセージ」を知る


Pocket

「ジェイソン・ボーン」を見る前に知っておくこと

ボーンシリーズは前作との繋がりが深く、最初の数分は前作のシーンから始まる。特に「ボーン・スプレマシー」のラストが「ボーン・アルティメイタム」の重要なシーンであることが後でわかる。そしてその伏線に驚く。ボーンシリーズは映画を見る前に、是非、前作のおさらいをしておいてもらいたい。

この3作品の中で、「ボーン・アルティメイタム」はテンポの良さ、先の見えない展開、爽快感、良くできている作品だと思う。

ボーンシリーズ

  1. ボーン・アイデンティティー
  2. ボーン・スプレマシー
  3. ボーン・アルティメイタム
  4. ボーン・レガシー
  5. ジェイソン・ボーン

ボーンシリーズのあらすじと人物相関 ボーン・アルティメイタム

役名 キャスト 人物像
jason-bourne

ジェイソン・ボーン

マット・デイモン  
nicky

ニッキー

ジュリア・スタイルズ ヨーロッパ後方支援員

パメラ・ランディ

ジョアン・アレン CIA司令官

ノア・ヴォーゼン

デヴィッド・ストラザーン CIA作戦部長
エズラ・クレイマー スコット・グレン CIA長官
アルバート・ハーシュ博士 アルバート・フィニー トレッドストーン、ブラックブライアー発案
サイモン・ロス サイモン・ロス ジャーナリスト

アレキサンダー・コンクリン

クリス・クーパー トレッドストーン作戦指揮官
アボットに暗殺される(アイデンティティー)

ウォード・アボット

ブライアン・コックス

CIA作戦部長・トレッドストーン計画責任者
スプレマシーで自害

ユーリ・グレツコフ カレル・ローデン ロシアの石油王逮捕(スプレマシー)
ニクワナ・ウァムボージー アドウェール・アキノエ=アグバエ 某国の政治家死亡(アイデンティティー)

ボーンシリーズ CIAの計画(作戦)一覧

トレッドストーン

CIAのスパイ(暗殺者)の教育機関で行われる洗脳であって、拷問などによって人格を改造し、スパイ(暗殺者)を育成。世界各国に潜伏させ、必要な時に役割を果たす作戦である。

トレッドストーン計画責任者 ウォード・アボット スプレマシーで自害
トレッドストーン作戦指揮官 アレクサンダー・コンクリン アボットにより暗殺
コンクリンの部下 ダニエルソーン アボットにより殺害
工作員の教育(洗脳)の発案者 アルバート・ハーシュ博士  
工作員の訓練監督官 ニール・ダニエルズ  
後方支援員・工作員の健康管理 ニッキー・パーソンズ  
パリの工作員 ジェイソン・ボーン  
バルセロナの工作員 教授 死亡(アイデンティティー)
ローマの工作員 カステル 死亡(アイデンティティー)
ハンブルグの工作員 マンハイム 死亡(スプレマシー)
ミューヘンの工作員 ヨルダ  

ブラックブライアー

政府・議会・司法の事前申請、報告もなしに作戦を発動できる機密機関である。

ブラックブライアー作戦指揮官 ノア・ヴォーゼン
北アフリカ・南ヨーロッパの管理官 ニール・ダニエルズ
ブラックブライアー発案 アルバート・ハーシュ博士
ナポリの工作員 パズ
工作員 デッシュ

アウトカム計画(ボーン・レガシー)

薬物により、肉体と精神の改造を行う計画。改造後、身体と精神をコントロールするために薬を服用し続けなければならない。アウトカム計画はボーン・レガシーで出てくる計画である。パメラ・ランディの内部調査により暴かれそうになったために、アウトカム計画の志願者は抹殺される。

ラークス計画(ボーン・レガシー)

アウトカム計画の人格・肉体改造よりも、感情を排除して、更に卓越した能力を持つ人間兵器を作り出す計画。ボーン・レガシーで、アウトカム計画の志願者だったアーロン・クロスと殺すために、ラークス計画で作られたLARX-03を向かわせる。

ボーン・アルティメイタムのあらすじを噛み砕いてみた

the-bourne-ultimatum

ボーン・アルティメイタムの始まりは前作の内容の続きとなるが・・・

ボーン・スプレマシーのラストとボーン・アルティメイタムの繋がりが秀逸

印象的なボーン・スプレマシーのラスト。CIAの指揮官パメラ・ランディがジェイソン・ボーンと電話で話している。パメラ・ランディは「お礼が言いたい」と。そして、ジェイソン・ボーンの本名と生年月日を告げる。「会って話をしない」か問うが、ボーンは「疲れた顔をしている」とパメラ・ランディに言い、パメラ・ランディは窓の外を見る。

その場面でボーン・スプレマシーは終わる。

そのラストシーンを見て胸を撫で下ろした私の感覚を「ボーン・アルティメイタム」で裏切ってくれる。その場面は胸を撫で下ろすような場面ではなかったのだ。えっ、こういう場面だったの?と驚く。

だから、ボーンシリーズは前回作を覚えていなければ、面白さは半減するのだ。

新聞記者にリーク

イギリスのジャーナリストのサイモン・ロスは、ニール・ダニエルズにより「トレッドストーン作戦」の情報を得て、その暴露記事を執筆しようとしていた。その記事がジェイソン・ボーンの目に留まり、ジェイソン・ボーンは自分のことを知るために、サイモン・ロスを探す。

また、ブラックブライアー計画の情報が漏洩していることを察知したCIAのノア・ヴォーゼン作戦部長は、情報源の特定とサイモン・ロスの暗殺を指示する。

サイモン・ロスは暗殺されてしまう。ジェイソン・ボーンはロスの所持品を持ち帰り、その中から情報源がニール・ダニエルズであることを掴む。

リークしたニール・ダニエルズ

ジェイソン・ボーンはダニエルズに会うために、北アフリカと南ヨーロッパの拠点であったマドリードのCIA支局へ行く。ダニエルズはすでにいなかったが、そこで、ニッキーと会い、ニッキーの協力を得る。

ノア・ヴォーゼンは情報源がダニエルだと特定し、ダニエルを暗殺するように工作員を送り込む。また情報漏洩を防ぐために、ボーンとボーンに協力したニッキーも暗殺するように指示する。

ブラックブライアー計画の内部資料

ジェイソン・ボーンはダニエルズの所持品から、ニューヨークのCIA関連施設の情報を入手し、ニューヨークへ向かう。そこで、パメラ・ランディに電話する。

この電話のシーンがボーン・スプレマシーのラストシーンだったのだ。

パメラ・ランディは、ジェイソン・ボーンが自分にメッセージを送っていると察知し、電話で「ボーンの本名」と「誕生日」を告げる。後でわかるが、この誕生日はパメラ・ランディがボーンに送ったメッセージだった。

電話中にボーンはノア・ヴォーゼンの金庫の位置を確認。ヴォーゼンはボーンを追跡していたはずだが、ヴォーゼンはボーンの陽動作戦に引っかかったのだ。ボーンはヴォーゼンに電話を入れる。その時、ボーンはすでにヴォーゼンの部屋の金庫の前に居た。ヴォーゼンの電話の声により、音声認証の金庫を開け、ボーンは内部資料を持ち帰る。

「生年月日」のメッセージ

ボーン・スプレマシーのラストシーンにもあるパメラ・ランディがボーンに生年月日を告げるシーン。それが関連してくる。パメラ・ランディが告げた生年月日は「4-15-71」だった。内部資料を持ち出したボーンは、東415-71に向かう。「4-15-71」はトレッドストーンの特別研究所だった。つまりジェイソン・ボーンが生まれた場所である。すでにそこに待っていたのはパメラ・ランディだった。ボーンはランディに内部資料を渡し、建物の中に入る。研究所に居たのはハーシュ博士であった。

ボーンは研究所で記憶を取り戻し、罪のない人々を殺害していた事実を知る。追跡を振り切ったボーンはビルの10階から川にダイブする。

結末

パメラ・ランディは上院で告発する。ニッキーは追跡から逃れ、あるレストランでニュースを見ることになる。ブラックブライアー作戦が明るみになり、暗殺計画は市民も標的にしていた事実が判明し、クレイマーCIA長官の刑事的責任の追及とハーシュ博士とウォーゼンが逮捕されたというニュースだ。

そしてデビット・ウェップ、別名ジェイソン・ボーンは銃撃を受けて10階のビルから落下、捜索3日目も発見されていないというニュースが流れる。

ニュースを見ていたニッキーは、ボーンの無事を確信しニヤリと笑う。

前回作「ボーン・アイデンティティー」と「ボーン・スプレマシー」

映画「ジェイソン・ボーン」を見る前に前作のあらすじと人物相関
「ジェイソン・ボーン」を見る前に知っておくこと ボーンシリーズは前作との繋がりが深く、最初の数分は前作のシーンから始まる。前作が理解できていなければ、映画の内容を理解することが難
映画「ジェイソン・ボーン」を見る前に「ボーン・スプレマシー」を知る
「ジェイソン・ボーン」を見る前に知っておくこと ボーンシリーズは前作との繋がりが深く、最初の数分は前作のシーンから始まる。話の流れにスピード感があり、前作が理解できていなければ、映
Pocket

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です