ロックバンド「オアシス」のドキュメント映画「スーパーソニック」


Pocket

オアシス:スーパーソニック

「オアシス:スーパーソニック」は、イギリスのロックバンド「オアシス」の1991年、デビュー前から25万人をも動員したネプワースでの伝説の野外ライブまでの過程を、映像や資料を通して追ったドキュメント映画です。

オアシスの中心人物であったノエル・ギャラガーとリアム・ギャラガーが制作総指揮を務めています。

オアシスの結成秘話

1991年、ザ・レインのギタリスト、ボーンヘッドがリアム・ギャラガーをバンドの勧誘、リアムが「オアシス」と改名します。その後、ノエルがオアシスを見に来たことから、ノエルが加入することになります。

その頃、ノエルはすでに音楽関係(ローディー)の仕事をしていて、サポートメンバーとしてアメリカや日本でのツアーの経験がありました。

映画の中では2人の生まれや育ち、学生の頃のエピソードも盛り込まれ、ノエルの才能とリアムのフロントマンとしてのカリスマ性や対照的な2人を感じることができます。

オアシス アラン・マッギーとの運命的な出会い

1993年、売れないバンド「オアシス」が「クリエイション・レコーズ」のアラン・マッギーと契約します。この出会い・契約からわずか2年半で、25万人をも動員するライブを行うのです。25万人のライブには260万人の申込みがあったと言われています。

日本での人気とアメリカでの成功

「なぜ、英語も話せない人たちがライブの前にとりこに?」

1994年、初めての日本公演の時の映像も、映画の中で見られます。その時の言葉が「なぜ、英語も話せない人たちがライブの前にとりこに?」

空港に降り立った時から、日本の「追っかけ」に驚くメンバー。しかし、その後のアメリカでの入国手続き対応は日本とは対照的で、アメリカで成功することの難しさがわかります。

解散の理由

リアムとノエルが仲が悪いことはこの映画でわかりますが(愛情がありながらも、お互いにいがみ合い、喧嘩は日常茶飯事)、映画の内容はネプワースでの伝説の野外ライブまでです。解散までの過程も知りたいと思うのは私だけではないはず。

リアムとノエルの喧嘩は解散の引き金になったようですが、ノエルは「やり尽くした」と語っています。

「テレビに出て、いい女をゲットするためにバンドを始めるんだ」と語っていたノエルは、マネジメントが加わることにより変わってしまうことを懸念していたようにも思います。

リアムが立ち上げたファッションブランドの広告にオアシスを使うリアムに腹を立て「俺はもうちょっとムリ」だと、解散を決意したとノエルは語っていますが、その後、「それは虚偽だ」とリアムはノエルを訴えています。

オアシスの歴史

  • リアム・ギャラガー 1972年生まれ ボーカル
  • ノエル・ギャラガー 1967年生まれ ギター・ボーカル

イギリス マンチェスター

出来事 メンバー
1991   ザ・レイン(The Rain)結成 クリス・ハットン(ボーカル)、ボーンヘッド(ギター)、ギグジー(ベース)  
    トニー・マッキャロル(ドラム)が加入 クリス・ハットン(ボーカル)、ボーンヘッド(ギター)、ギグジー(ベース)、トニー・マッキャロル(ドラム)  
    クリス・ハットンがリアムと交代
オアシスに改名
リアム(ボーカル)、ボーンヘッド(ギター)、ギグジー(ベース)、トニー・マッキャロル(ドラム)  
  8 ボードウォーククラブでライブ
ノエルが加入
リアム(ボーカル)、ノエル(ギター)、ボーンヘッド(ギター)、ギグジー(ベース)、トニー・マッキャロル(ドラム)  
1993   アラン・マッギー(クリエイション・レコーズ)と契約    
1994 4 デビュー UKチャート31位   スーパーソニック
ロックンロールスター 
  6 2rdシングル UKチャート11位   シェイカーマイカー
  8 3rdシングル UKチャート10位   リヴ・フォーエヴァー
  9     アルバム「オアシス」UKチャート1位
    日本公演    
    アメリカ公演    
    ノエル行方不明    
  10 シングル UKチャート7位   シガレット・アンド・アルコール
  12 シングル UKチャート3位   ホワットエヴァー
1995  4 トニー・マッキャロル(ドラム)解雇
アラン・ホワイト加入
リアム(ボーカル)、ノエル(ギター)、ボーンヘッド(ギター)、ギグジー(ベース)、アラン・ホワイト(ドラム)  
    シングル UKチャート1位   サム・マイト・サム
  8 シングル UKチャート2位   ロール・ウエイズ・イット
  9 ギクシー(ベース)一時脱退 代役スコット・マクラウド(ベース)  
  10

2ndアルバム UKチャート1位
シングルカットUKチャート2位

  アルバム「Morning Glory」
シングル「ワンダーウォール」
  11 アールズ・コート(ロンドン)4万人動員    
1996   アメリカMTVアウォードでベストグループ賞受賞   ワンダーウォールが米チャート上昇
  4 メイン・ロード(マンチェスター)で8万人動員    
  5     シャンペン・スーパーノヴァ
  8 ネプワース(ロンドン)で25万人動員    

ネプワース以降

出来事 メンバー
1996 リアムが喉の不調のためMTVアンプラグドをキャンセル    
  リアムが喉の不調を理由に米ツアーを拒否 リアムの代わりにノエルが歌う  
1997 3rdアルバム UKチャート1位   アルバム「Be Here Now」 
1988 Bサイドアルバム UKチャート2位   アルバム「The Masterplan」
1999  ボーンヘッド(ギター)、ギクシー(ベース)脱退    
  ゲム・アーチャー(ギター)、アンディ・ベル(ベース)が加入 リアム(ボーカル)、ノエル(ギター)、ゲム・アーチャー(ギター)、アンディ・ベル(ベース)、アラン・ホワイト(ドラム)  
2000 4thアルバム UKチャート1位    アルバム「Standing on the Shoulder of Giants」
5月 ノエル一時離脱 (ワールドツアー中、喧嘩で離脱)    
11月 ノエル復帰   DVD「Familiar to Millions」
2001 南米ツアー・北米ジョイントツアー    
  10周年ツアー10 「Years of Noise and Confusion Tour」    
  5thアルバム UKチャート1位    アルバム「Heathen Chemistry」
12月 ミュンヘンで乱闘騒ぎを起こし逮捕    
2004 アラン・ホワイト脱退  サポート ザック・スターキー(ドラム)  
2005 6thアルバム UKチャート1位    アルバム「Don’t Believe the Truth」
  シングル UKチャート1位   ライラ
  City of Manchester Stadiumでライブ    
  映画「GOAL」のサウンドトラックに3曲    
   ベストアルバム発売 UKチャート1位    アルバム「Stop the Clocks」
  ロードムービー作成(ツアー風景)   DVD「Lord Don’t Slow Me Down 」
  ノエル、ゲム、テリーでアコースティック・ツアー サポート テリー・カークブライド(ドラム)  
2007 ビートルズ 40周年アルバムへカバー曲提供   カバー曲「Within You Without You」
2008 ザック・スターキー離脱
クリス・シャーロック(ドラム)加入
リアム(ボーカル)、ノエル(ギター)、ゲム・アーチャー(ギター)、アンディ・ベル(ベース)、クリス・シャーロック(ドラム)  
      シングル「ザ・ショック・オブ・ザ・ ライトニング」
  7th アルバム発売 UKチャート1位    アルバム「Dig Out Your Soul」
2009 リアムがブランド「Pretty Green」設立    
8月 ノエル脱退表明    
2010 新バンド名「ビューティー・アイ」 リアム(ボーカル)、ゲム・アーチャー(ギター)、アンディ・ベル(ベース)、クリス・シャーロック(ドラム)  
  シングルコレクションを発売   アルバム「Time Flies… 1994-2009」

オアシス:スーパーソニック 使用楽曲

Supersonic

1994年 作詞作曲ノエル・ギャラガー

Live Forever

1994年 作詞作曲ノエル・ギャラガー

Rock ‘n’ Roll Star

1994年 作詞作曲ノエル・ギャラガー

Talk Tonight

1995年 作詞作曲ノエル・ギャラガー

Don’t Look Back in Anger

1995年 作詞作曲ノエル・ギャラガー

Wonderwall

1995年 作詞作曲ノエル・ギャラガー

Champagne Supernova

1996年 作詞作曲ノエル・ギャラガー

Pocket

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です