イヤホン

イヤホンの断線は保証内


Pocket

イヤホンの値段

高額なイヤホンもありますが、普段使いしているイヤホンは1万円~3万円のイヤホンです。イヤホンはほぼ毎日使うので、1年くらいすると断線してしまいます。「まぁ、毎日使っているのだから断線は仕方ない」と思っていましたが、1~3万円のイヤホンが1年で壊れるのはちょっと・・・

Etymotic Research ER•4® microPro

去年買ったイヤホンEtymotic Research のER•4® microProが断線気味で聴けなくなってしまって、新しくイヤホンを購入。

イヤホンの保証期間

去年イヤホンER•4を買った時の記憶によると、保証期間は2年間で、価格.comの口コミでは、「保証期間内の断線で、新しいものに変えてもらった」と書いてあったことを思い出し、ダメ元で購入したお店に電話してみました。

イヤホン断線に対するお店の対応

2~3万円する商品だけれども、イヤホンの断線なんて消耗品だから保証は無理かなっと思って電話すると、快く対応。インターネットでの購入だったので、電話番号などで保証期間内であることがわかり、そのまま対応してくれました。

送料も販売店の支払の着払いで断線したイヤホンを送ると、3、4日後、修理完了で戻ってきました。

イヤホン切断

故障の個所はL側

イヤホン切断

修理に使用したパーツ

イヤホン買うなら、おすすめの店 SOUND HOUSE

去年SOUND HOUSEで購入したのは、欲しい商品が価格.comで一番安かったからだと思います。それまではSOUND HOUSEというお店は知らなかったです。しかし、ミュージシャンや音楽好きな人の間では有名な音響機材のお店だったのです。安い上に、電話対応や修理の対応もとても良かったです。

SOUND HOUSE → www.soundhouse.co.jp

九州ならば、イヤホンの試聴が多いヨドバシ博多で選ぶことが多かったのですが、今後はSOUND HOUSEで買いたいと思います。

Etymotic Research のER4® microPro

Etymotic Research ER•4® microPro

商品名→Etymotic Research カナルイヤフォン ER4-PT-B

カナル型イヤホンで、1991年から高音質。高解析度イヤホンとして世界で使われているロングセラーのイヤホンです。シングルBAドライバーで、原音に忠実で、本当の音楽好きが一周回って回帰するイヤホンだそうです。

交換用のフィルターが入っていますが、これを見ると、手入れしながら大切に使っていくイヤホンだということを痛感します。

Klipschクリプシュ

以前からクリプシュのイヤホンが欲しいと思っていましたが、何となく高価なイメージがあり諦めていましたが、今回、数量限定という文字を見て購入。1946年創業で、今年70周年ということで、特別価格、70周年記念の商品です。

商品名→Klipsch X10 70周年記念プライス KLRFXA0113

この製品は2007年に発売し世界的にヒットした伝説のデビューモデル、数々のアワードを受賞した「X10 Rev.1.2」と同等のものだそうです。X10は偽物も多く出回った商品です。

Klipschのサイト→www.klipsch.jp/lp/70years/top.html

Klipschは全米の劇場で使用されているスピーカーシェアNo,1であり、ハードロックカフェの公式スピーカーでもあります。

SONY

写真は、2年前に買ったワイヤレスヘッドフォンで、ハイレゾ音源対応 Bluetooth対応です。イヤホンの方が使いやすいので、殆ど使っていないヘッドフォンです。

最近、家族がこのタイプの最新機種を購入しましたが、ヘッドフォンが小さくて頭が痛いと言っていました。購入前にSONYstoreの店員さんが、頭が大きい人には向かないと言っていましたが、ヘッドフォンは現物を装着してみて購入すべきですね。

商品名→SONY 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST

今、売れ筋のイヤホン SoftBank SELECTION music piece WS52

商品名→SoftBank SELECTION music piece WS52 Bluetooth対応 ワイヤレスイヤホン ホワイト SB-WS52-SHLW/WH

Pocket

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です