プリズン・ブレイク相関図4

プリズン・ブレイク もう一つのエピローグ


スポンサーリンク

プリズンブレイク もう一つのエピローグ

4年後、リンカーンとサラ、マイケルの息子、スクレ、マホーンがマイケルの墓前に集まるラストシーンにはもうひとつの物語が存在した。プリズンブレイク4の23話と24話がそれである。そのファイナル・ブレイク前編と後編についてまとめる。

スポンサーリンク

マイケルが残したサラとリンカーンへのDVD

24話は、カメラに向かい「これを見ているとしたらふたりは無事ってことだ」と語るマイケルのシーンから始まる感動的な話だ。

スポンサーリンク

サラの脱獄計画

マイケルとサラは結婚するが、サラはクリスティーナ殺害で逮捕される。刑務所内で将軍はサラを殺そうとする。マイケル、リンカーン、スクレ、マホーンは、サラを脱獄させる計画を立てる。

刑務所内でサラの首には懸賞金が掛けられていた。マホーンはサラの脱獄について情報を流すようにFBIに言われていた。

マホーンは飛行機と操縦士の手配、リンカーンは将軍の金の在処を探り、資金を確保する。

Tバッグを利用

リンカーンは将軍がダニエルという男と面会していたことを知り、Tバッグに、金と引き換えにダニエルについて情報を掴むように言う。Tバックは将軍からダニエルの電話番号を手に入れ、リンカーンに渡す。

リンカーンとスクレはダニエルの家に押し入り、金を奪うが入金時間に間に合わなかった。Tバッグは、Tバッグの口座に入金されたのを確認すれば、約束の時間に火災報知器を鳴らすとうい手筈だった。

グレッチェンが仲間に

サラがシャワー室で襲われ、グレッチェンが助ける。グレッチェンは娘に会いたいと脱獄をサラに頼む。サラはグレッチェンの助けが必要だと思い、行動を共にする。

サラの脱獄

  1. マイケルがサラとの面会で「今夜祈るしかない」と言う。
  2. マホーンが飛行機と操縦士の手配をする。
  3. マイケルがパラシュートを購入。
  4. マホーンは他の方法を思いつく。
  5. マホーンはFBIに「夜7時、中庭にパラシュートで降りる」と情報を流す。
  6. リンカーンとスクレはダニエルの金を奪う。
  7. FBIは中庭に待機。パラシュートから降りてきたのは人形だった。
  8. マイケルは刑務所内に侵入。
  9. サラとグレッチェンはダクトを通り教会へ。
  10. グレッチェンが教会で見つかってしまうが、サラのことは言わなかった。
  11. 入金が確認できず、TバッグはFBIに火災報知機を鳴らす手筈だったことをFBIに言う。
  12. 磁気カードを使い扉を開けようとするが、バッテリーが足りず開かない。
  13. マイケルが感電覚悟でケーブルをショートさせ扉を開ける。
  14. サラは、リンカーン、スクレ、マホーンと合流する。
  15. マホーンは「あいつは来ない」と言い、車を走らせる。

マイケルが残したDVDの内容

マホーンはマイケルから渡された診断書を見せた。「脳腫瘍」と記載されていた。マイケルは自分の命が限りあることを知り、自分の命を投げ出しても、サラと子供を救いたいと語ったのだ。

マホーンは、サラとリンカーンにDVDを渡す。スクレは将軍の金をサラに渡す。スクレはサラの口座に入金するつもりだったが、入金時間に間に合わなかった。

サラとリンカーンはコスタリカへ向かうボートの中でDVDを見る。

自分には時間がなく、こうしようと心を決めたこと、いずれ自分の分身が駆け回るだろうと。リンカーンには何があっても叔父として2人についていて欲しい、サラには兄貴から目を離さないで欲しいと言い、二人のことを愛していると言う。子供には、どれほど愛しているか、自由でいることがどれほど幸せか伝えて欲しいと言いDVDは終わる。

プリズンブレイク シーズン1~4の人物相関図とあらすじ

スポンサーリンク

About ゆきを

ジャンルに拘らずに、好きなことを書いてます。 趣味であったり、覚書きであったりします。 むずかしい言葉を使わず、流行りの言葉を使わないように書いてます。理由は、そのような言葉を使ってしまうと、後で読み返した時に恥ずかしくなるからです。