製薬会社 MRという職業 ノルマの苦痛 1


Pocket

製薬会社 ノルマの苦痛

生産にしても営業にしても仕事をしている上でついて回るのがノルマです。仕事をしていて、精神的に圧迫される要因の一つがノルマでないでしょうか?コンビニでアルバイトをしていても、ノルマがあるのです。アルバイトでもクリスマスケーキの販売や季節毎のイベント時にはノルマがあります。

MRのノルマ

当然、MRにもノルマがあります。年々ノルマが上がり、特別なことがない限り、そう簡単にはノルマ達成できないように数値は設定されているはずです。しかし担当エリアによっては簡単に達成できるエリアもあります。ノルマが達成できるか否かは担当エリアの状況に大きく左右されます。シェアが高いエリア、人口が増えている都会は市場が高まり、人口が減っている地方よりもノルマの達成率は高いように思います。

ノルマは目標

ノルマは目標ですから、目標は低いよりも高く設定されます。目標があった方が、目標がないよりも仕事しやすいと言う人もいます。達成できた時の充実感を味わえますが、達成できなかったとしても、億単位のお金を動かしている多少の充実感はあるようです。

ノルマ未達成のペナルティ

困難な目標やノルマが達成できなかった時にペナルティがあってはなりません。医薬品業界の良いところは、そのようなブラックな面が少ないというところです。上司にはいろんな人がいるので一概には「ブラックな面はない」とは言えませんが、企業として社員の精神面を含めた健康管理や安全管理は、大企業ほど厳しいです。過重労働はできません。

製薬会社勤務 MRの過重労働

大企業程、度々、労働基準監督署の監査が入ります。休日出勤の代休はきちんと取らなければなりませんし、過労にならないように国から見張られているようなものです。国民の目も有名企業には厳しいですから。もし監督署から指摘があった場合は、上司は始末書を書かなければなりません。過重労働については厳しいです。

製薬会社勤務 MR 精神的に病んだ場合

過重労働を避ける、ストレスチェックや産業医を各事業所毎に置くなど、他の業種に比べると職場環境は良いと思いますが、それでも中には病む人もいます。そのような人が仕事を続けるためにも、休暇を取らせる、職場を移動させる、産業医と連携する、復職マニュアルがあるなど様々な対策が取られています。

Pocket


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

One thought on “製薬会社 MRという職業 ノルマの苦痛