佐々木寿人の地和・滝沢の大三元・キングコング梶原の国士無双と国士返し


Pocket

もってる佐々木寿人の「地和」と滝沢の「大三元」

上がりだしたら止まらない佐々木寿人と佐々木寿人のライバル、イケメンの滝沢和典、この二人の役満をご紹介。

佐々木寿人の役満「地和」に多井ボカ~ン

日本プロ麻雀連盟、最高位戦日本プロ麻雀協会、日本プロ麻雀協会、RMU、この4団体による「第1回麻雀プロ団体日本一決定戦」の第一試合。

団体対抗戦で、団体のエース同士の戦いである。

序盤から、佐々木寿人は「寿人棒が出るか?」というところまで落ちていた。寿人棒とは、寿人が箱下になった時に出す棒である。

中盤から盛り返したが、早、南二局で、起死回生の役満地和炸裂。逆転一位を取る。

トップ多井との点差35000点をひっくり返す。その直後、機械が故障するという事態が発生。

時々やらかしちゃう男、滝沢の役満「大三元」心臓バクバクの村上

第11回モンド杯、滝沢、佐々木、石橋、鈴木の対戦。予選最終局の8名のうち上位4名が決勝に進出することになっていた。

解説の村上プロが面白い。村上は鈴木と決勝進出のボーダーラインであった。東場が終わった時点では、村上は「達也(鈴木)の進出決まりですね。」と話していた。

しかし、役満の可能性が見えてくると、村上プロは高血圧、血圧上がりまくり。「滝沢の役満で心臓がバクバクいってます。」と話し、興奮してくる。

決勝進出は滝沢、佐々木、杉浦、そして村上の4名となった。

キングコング梶原国士無双とその直後に国士返しという奇跡

フジテレビONEの「麻雀最極決定戦!サバイバルバトル極雀season5」の対局。

メンバーはキングコング梶原、御徒町凧、トータルテンボス大村、茅森早香。

第5ゲーム東6局、キングコング梶尾が国士無双。御徒町がリーチで、国士無双を振ってしまう。

しかし、キングコング梶原が国士無双を上がったその直後に、なんと国士無双を振った御徒町が国士返し。

茅森が發を持っていた。

解説者が「梶原掴め」と言った直後に、梶原が發を掴み、梶原が振る。

あり得ない奇跡の国士無双2連発、国士返し。

豊後プロ×茅森プロ、気まずい雰囲気からの国士無双
麻雀最強戦2015女流プロ代表決定戦桜の陣 予選 プロアマ、芸能人、文化人、幅広い分野から出場が可能であり、日本プロ麻雀連盟、日本プロ麻雀協会、最高位戦日本プロ麻雀協会も認定する
Pocket