HailCaesar

1950年代のハリウッド映画のオマージュとは? ヘイル、シーザー!


Pocket

ヘイル、シーザー!

ハリウッド映画のオマージュ満載、主役はジョージ・クルーニー、これで面白くないわけない!と思いながらも、ジョージ・クルーニーにはがっかりさせられることが多い。この映画はジョージ・クルーニーにぴったりの映画のような予感がする。カッコつけた男のコメディって面白いと思えるのは私だけだろうか?映画の予告を見て、佐藤浩市主演の「ザ・マジックアワー」というクライムコメディを思い出した。

1950年代、ハリウッド黄金期、ジョージ・クルーニーはセリフが飛んでしまうなどちょっと情けない映画スターの役。ジョシュ・ブローリンはトラブルの収拾に奔走する何でも屋「エディ・マニックス」の役。

超大作映画である「ヘイル、シーザー!」の撮影中にの主役であるジョージ・クルーニー扮するウィットロックが誘拐されてしまう。いつも損な役回りの何でも屋エディ・マニックス(ジョシュ・ブローリン)、水泳が得意でお色気たっぷりの若手女優役のスカーレット・ヨハンソン、水兵の恰好で歌い踊るミュージカルスター(ジーン・ケリーのオマージュ?)にチャニング・テイタム、演技が下手なアクション俳優役にアルデン・エーレンライク、個性豊かな俳優陣が事件解決に駆り出される。監督はあのコーエン兄弟。

1950年代の古代ローマ時代を描いた映画

イーサンは「古代ローマの時代を描いたような大作は、あの時代(1950年代)が全盛で、ある意味(この後訪れる)退廃的なハリウッドを象徴していた」と持論を語った。

実在する人物エディ・マニックス

この映画の中のエディ・マニックスは実在する人物だ。それも、その経歴が凄いのだ。「このキャラクターを主人公に24時間の彼の人生を描いたら面白いと考えた」とジョエルは語っている。

エディ・マニックスは1940年~1950年はMGMの副社長を務め、その後MGMのトップまで上り詰めた人物だ。ギャングや裏社会とのコネクションがあったと言われており、ハリウッドの黒幕として君臨していた。

スーパーマンで知られるジョージ・リーブスがその役を射止めたのは、エディ・マニックスの奥さんトニ・マニックスの口利きだったらしい。トニとジョージ・リーブスの不倫はエディ・マニックスの公認であったが、ジョージ・リーブスは不審な死を遂げる。死因は自殺とされたが不審な点も多い。エディ・マニックスは2つの殺人事件で起訴されている。1つは前妻の事故死。2つめは映画プロデューサーのポール・バーンの殺人である。

参考 映画「Hollywood Kryptonite」

Hollywood Kryptonite

エスター・ウィリアムズ

スカーレット・ヨハンソンが演じているディーアナは、水着を着て泳ぎを披露する。このディーアという役柄は映画「水着の女王」のエスター・ウィリアムズの影響を受けているらしい。

ジーン・ケリー

水兵の恰好で歌い踊るチャニング・テイタムは、ジーン・ケリーのオマージュのようだ。ジーン・ケリーの代表作は「雨に唄えば」「巴里のアメリカ人」などである。「錨を上げて」では水兵の恰好で「トムとジェリー」のジェリーと歌い踊っている。

錨を上げて [Blu-ray]ローマ帝国の滅亡 [Blu-ray]

映画「錨を上げて」と「ローマ帝国の滅亡」ローマ帝国を描いた超大作

Pocket

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です