BUFFALO ルーター設定

DAZN の映像が止まる・画質が悪い時の設定方法【Wi-Fiルーターの設定】   new



スポンサーリンク

DAZNの画質・映像が止まる

DAZNは、Android タブレットやスマートフォン、iPhoneやiPadで観られる他、テレビに接続して観ることができます。スマートフォンやPCなどで見るには画質はそれほど気になりませんが、テレビだと画質が悪いかったり、頻繁に映像が止まったりすると見ることができません。改善方法を記載しておきます。

まず、デパイスやDAZNのアプリが最新バージョンであるか基本的なことをチェックします。

スポンサーリンク

基本的なことの確認

  • デパイス、DAZNアプリが最新バージョンであるか確認する
  • 一時的な空き容量が必要

ダウンロード容量:53MB
本体へコンテンツをダウンロードする際は、本体ストレージにダウンロード容量以外に一時的な空き容量が必要ですので、ご注意ください。

スポンサーリンク

Wi-Fiルーターの設定を確認する

DAZNを見るための機器やインターネットの回線は簡単には変更することはできません。そこで、Wi-Fiルーターの設定を変えて、動画の視聴に向いている設定にします。

ただ通信環境によるので、確実に改善するとは限りませんし、動画以外の通信に影響があるかもしれません。

Wi-Fiルーターの設定画面を開く

下記はBUFFALOの場合のURLとユーザー名・パスワードです。

URL http://192.168.11.1/ http://192.168.11.1/
ユーザー名 admin root
パスワード password 空白(入力しない)

DAZNを観るデパイスの優先度を上げる

BUFFALO ルーター設定

デパイスコントロールを開く

BUFFALO ルーター設定

優先順位を高くしたいデパイスをクリックする

BUFFALO ルーター設定

優先度1にする

デパイスがUnknowの場合はIPアドレスでデパイスを特定します。IPアドレスの確認方法は次のリンクをご参考にしてください。

アドバンスドQoS

特定の通信を優先にする場合にアドバンスドQoSを使用します。アドバンスドQoSを開いて設定することもできます。

BUFFALO ルーター設定

アドバンスドQoSを開く。

BUFFALO ルーター設定

右上の設定で優先順位を変更できます。

BUFFALO ルーター設定

優先順位を決める

5GHz帯に設定

Wi-Fiの通信は2.4GHz帯と5GHz帯を利用しています。2.4GHz帯は電子レンジ、Bluetoothなどの機器にも利用されていて、Wi-Fiの通信に干渉してしまう場合があり、映像配信サービスには5GHzが良いともあります。

映像配信サービスなど大容量のデータ通信を行う場合は、5GHzに接続することで他の無線の干渉を受けず、安定した通信が行える可能性が高くなります。

しかし、私の部屋の環境だと5GHzは安定していません。効果があったのは、優先度を上げることによって、映像が途切れにくくなりました。

2.4GHz帯と5GHz帯については、次のリンクを参考にしてください。

DAZNに登録できるデパイス・DAZNをテレビで観る方法

DAZNは、以下の機器に繋いでテレビで見ることができます。もし他の機器があるならば、それを利用するのもいいかもしれません。

  • Android TV、その他SONY、TOSHIBA、LGのスマートTV
  • Amazon fireTV、Apple TV
  • Goodle Chrome、Amazon Fire TV Stick、Air Stick
  • PS3、PS4、Xbox