アベンジャーズ

アベンジャーズ 時系列出来事・相関図・インフィニティストーンのまとめ


スポンサーリンク

インフィニティ・ストーン

138億年前、宇宙誕生前に6つの特異点が存在し、その特異点からビッグバンが起こり宇宙が誕生する。6つの特異点の残骸はパワーを持った結晶となった。それが インフィニティ・ストーン であり、6つ揃えたものは宇宙を支配する力を持つと言われている。

マルティ・ソー

ソーは、アスガルドの神々の王 オーディンの息子である。

ソーは、ワンダのマインドコントロールで悪夢を見た後、洞窟の泉で、インフィニティ・ストーンの夢を見る。セプター(杖の先端の宝石)、オーブ、エーテル、四次元キューブはインフィニティ・ストーン の1つだった。(エイジ・オブ・ウルトロン 参照)

インフィニティ・ストーン

最強の敵 サノスが探している6つのストーン。6つ揃えたものは宇宙を支配する力を持つと言われている。

アベンジャーズ インフィニティ・ストーン
  • 精神・マインドストーン(杖の先端・セプター)
  • 力・パワーストーン(オーブ)
  • 現実・リアリティストーン(エーテル)
  • 空間・スペースストーン(テッセラクト・四次元キューブ)
  • 時間・タイムストーン(ネックレス・アルガモットの目)
  • 魂・ソウルストーン

インフィニティ・ストーンの行方 時系列

リアリティストーン・エーテル

  • 宇宙誕生前に闇の中から誕生したダークエルフがエーテルの力で宇宙を闇に戻そうとする
  • 神であるオーディンの父はエーテルを地中に埋める
  • ジェーン(ソーの恋人)が世界の境目に吸い込まれエーテルを吸い込む
  • マキレス(タークエルフ)が目覚め、エーテルを持ち去り、ソーは阻止する
  • シフ(ソーの幼馴染み)らによってコレクターのティヴァンに預ける
  • サノスに奪われる

四次元キューブ/スペースストーン

  1. 四次元キューブはオーディンが所有していた
  2. 1942年、ナチスの将校シュミットがキューブを奪うが、そのパワーにより吹き飛ばされる
  3. その後、S.H.I.E.L.D.のエリック・セルヴィグ博士が四次元キューブを研究中に、ロキ(ソーの弟)がワームホールから現れ、ロキが隠し持つ
  4. サノスはロキを殺し、四次元キューブからスペースストーンが奪う

心を操る杖 セプター/マインドストーン

  1. セルヴィグ博士が四次元キューブを調べていた時、ワームホールからロキが現れ、ロキセプターでセルヴィグやバートン(エージェント・ホークアイ)の心を操った
  2. ヒドラの残党のリーダー、バロン・ストラッカーは杖で人体実験をする
  3. トニーはヒドラの研究施設から杖をアベンジャーズタワーに持ち帰る
  4. トニーとバナー博士(ハルク)は杖を調査。杖の宝石に人工知能があることがわかる
  5. トニーは「ウルトロン計画」で人工知能を利用しようとする
  6. 人工知能は自我を持ち、ボディを手に入れる
  7. 人工知能は細胞再生装置(クレードル) で肉体を作ろうとする
  8. アベンジャーズがクレードルを持ち帰る
  9. ムルジョア(ソーの武器)でクレードルを起動するとヴィジョンが誕生。額にはマインドストーンが埋め込まれていた
  10. サノスから奪われることを阻止するために、ワンダ(ヴィジョンの恋人)はヴィジョンと自分を爆破するが、サノスのタイムストーンで時間を戻され、マインドストーンを奪われる

パワーストーン・オーブ

  • ソーは洞窟の泉でオーブなどがインフィニティストーンだという夢を見る
  • 2014年惑星モラグ、クイルとロナンはオーブを狙っていた
  • クイルはオーブを盗み、首都惑星 ザンダーで売り払おうとする
  • コレクターのディヴァンは、オーブは全てを破壊するパワーを持つインフィニティ・ストーンであると話す
  • ロナンはオーブを持ち去る
  • ロナンはコズミックハンマーにストーンを埋め込むがパワーでロナンは死亡する
  • サノスがパワーストーンを入手する

タイムストーン・アガモットの目

  • ストレンジは事故の後、魔術師の元で、アガモットの目による未来予知能力など修業していた
  • サノスがストレンジの持つアガモットの目(タイムストーン)を狙う
  • ストレンジは未来を予知し戦うが、サノスにタイムストーンを奪われてしまう

ソウルストーン

  • ソウルストーンの在処を唯一知るガモーラがサノスに誘拐される
  • サノスは惑星ヴォ―ミアへ行き、入手条件「愛するものの魂と引き換え」で養女であるガモーラを殺し、ソウルストーンを入手する

コレクターのティヴァン

ガモーラからオーブ(パワーストーン)を手に入れようとするが、使用人がストーンに触れ、吹き飛ばされる。アスガルドからエーテル(リアリティストーン)。四次元キューブ(スペースストーン)を預かっていたことがある。

スポンサーリンク

アベンジャーズ 時系列

地中深くに埋められたエーテル

宇宙誕生前、闇の中からダークエルフが誕生する。ダークエルフのマレキスはエーテルの力で宇宙を闇に戻そうとした。神であるオーディンの父がエーテルを地中深くに埋める。

地球には存在しない金属 ヴィブラニウム

ワカンダ王国のテクノロジーを支える金属 ヴィブラニウム、250万年前に地球外から隕石としてやってきた金属である。(ブラックパンサー)

キャプテンアメリカが持つ盾はヴィブラニウム製である。

パワーの源である箱

西暦965年、オーディン率いるアスガルドの軍団は、ラウフェイ率いるフロスト・ジャイアントの侵略から地球を守るために戦った。アスガルドはパワーの源である箱を手に入れ保管する。(マーティ・ソー)

S.H.I.E.L.D

ヒーローを管理する国家組織、 国際平和維持組織、諜報機関

  • 初代長官 ニック・フュリー
  • アベンジャーズを結成

アベンジャーズ出演のメンバー 時系列

神の子 ソーとラウフェイの子 ロキ

  • ソーはオーディンの息子であり、アルガルドの王位継承する
  • ロキはソーの弟であるが、ロキはラウフェイの息子でオーディンが育てた子。
マルティ・ソー
ロキ

スティーブが超人兵士(キャプテンアメリカ)となる

1942年、第二次世界大戦中、 入隊を志願していたスティーブ・ロジャースはスーパーソルジャー計画の被験者となり、アースキン博士が開発した血清を打たれ、スティーブは超人兵士となる。星条旗のコスチュームでマスコットキャラクターとして活動を始める。

爆弾の爆発を阻止するため飛行機を北極に沈めた。70年間、仮死状態であった。

キャプテンアメリカ/スティーブ・ロジャース

兵士の強化実験 ハルクと化する

兵士の強化実験を行っていたブルース・バナーが、自ら被験者となりガンマ線を浴びてしまう。それにより普段は温厚な性格であるが、憎しみや怒りにより緑色の巨人(ハルク)と化するようになる。

ハルク/ブルース・バーナー

トニーがパワードスーツを作る

軍事企業の代表であるトニー・スタークは、親友のローディー率いるアメリカ空軍を訪問。襲撃により、胸にミサイルの破片が刺さる。生命維持のために胸にアーク・リアクターを装着。平和のためにパワードスーツを作る。

アイアンマン/トニー・スターク

アベンジャーズを結成

ロキ(ソーの弟)は宇宙人種族チタウリのリーダーと地球を侵略を目論んでいた。S.H.I.E.L.D.はアベンジャーズを結成する。

スティーブとヒドラの戦い

スティーブの恩人であるバッキーがヒドラの襲撃に合ったことから、スティーブはヒドラの基地に乗り込む。バッキーは死亡したと思われていた。

ウィンターソルジャー バッキー

壊滅したはずのヒドラが、S.H.I.E.L.D.内部で密かに活動していた。スティーブはウィンター・ソルジャーと一騎打ちになる。マスクを外したウィンター・ソルジャーは死んだはずのスティーブの親友バッキーだった。バッキーはヒドラの科学者 ゾラ博士により記憶を消されていた。 戦いで記憶を取り戻す。

ウインターソルジャーは任務がない時はシベリアの施設で冷凍保存されている。

ウインターソルジャー/バッキー・バーンズ

クイルとヨンドゥとエゴ

1988年、ピーター・クイルはヨンドゥ・ウドンタにより拉致される。ヨンドゥはクイルをエゴの元に届けるために雇われたがクイルを引き渡さなかった。

26年後、クイルがオーブを盗んだことから追撃されていた時に、エゴが父だと名乗りクイルを助ける。エゴはクイルの能力を利用して宇宙を支配しようとしていた。クイルの母の死はエゴのせいだと知り、クイルの父親はヨンドゥだと知る。エゴとの戦闘中に、ヨンドゥはクイルを助け出し、死ぬ。

スターロード/クイル
スポンサーリンク

アベンジャーズの相関図

アベンジャーズ

アベンジャーズの登場人物一覧

バーナー博士 ハルク 科学者/怪力 ハルク
トニー アイアンマン 実業家/パワードスーツ アイアンマン
ローディー トニーの親友/ウォーマシン 空軍大佐 アイアンマン
ソー 雷神 マルティ・ソー
スティーブ キャプテンアメリカ 超人兵士 キャプテンアメリカ
バッキー スティーブの恩人/ウインターソルジャー 元ソ連の暗殺者 キャプテンアメリカ
サム スティーブの相棒/ファルコン 元空軍/飛行 キャプテンアメリカ
ストレンジ ドクターストレンジ 医師/魔術師 ドクターストレンジ
ピーター スパイダーマン 高校生/スーツ スパイダーマン
ナターシャ エージェント/ブラックウィドウ 元ロシアのエージェント アベンジャーズ
バートン エージェント/ホークアイ 射手 アベンジャーズ
ワンダ スカーレットウィッチ ヴィジョンの恋人/ミュータント エイジオブウルトロン
ウィジョン 人造人間 エイジオブウルトロン
スコット アルトマン 縮小スーツ アルトマン
ピーター スパイダーマン クモのスーツ シビル・ウォー
ネビュラ ガモーラの義妹 インフィニティウォー
ティ・チャラ ブラックパンサー ワカンダ王/超人的身体能力 ブラックパンサー
シュリ チャラの妹/科学者 ブラックパンサー

ガーディアンズ

クイル スターロード 高い身体能力
グルート 樹木型ヒューマノイド
ロケット アライグマ
ガモーラ サノスの養女/暗殺者

アベンジャーズの敵

ダークエルフ

宇宙誕生前に生まれたダークエルフ、ダークエルフのマキレスは宇宙を闇に戻そうとする。

サノス

凶暴なタイタン人。インフィニティ・ストーンを手に入れ、宇宙の半分の生命体を消滅させようとする。

ハルク( ブルース・バナー博士 )

  • 2008年公開
  • 医師・兵士強化実験

兵士の強化実験を行っていたブルース・バナーが、自ら被験者となり対象のガンマ線を浴びてしまう。それにより普段は温厚な性格であるが、憎しみや怒りにより緑色の巨人と化してしまう。

ブルースはリオデジャネイロに潜伏し、感情をコントロールする術を学ぶ。そしてサミュエル・スターンズ(ブルーと名乗る)により、ブルースは元の体に戻すことに成功する。

しかし、もう1人のハルク(アボミネーション)の出現により、ブルースは自らの意思で再度ハルクに変身する体となる。アボミネーション に勝利した後、医師として身を潜める。

アイアンマン (トニー・スターク )

  • 2008年・2012年・2013年、1~3公開
  • 大富豪で天才発明家

軍事企業 スターク・インダストリーズの代表であるトニー・スタークは、親友のローディー率いるアメリカ空軍を訪問した時、テロリストの襲撃を受け、拉致される。ミサイルの破片が胸に突き刺さったトニーは生命維持のため、破片を電磁石で引き留めていた。その電磁石の動力源小型アーク・リアクターを開発。また胸の小型アーク・リアクターを動力源とするスーツを作り、脱出に成功する。

自社製品がテロリストの手に渡り人命を奪う事実を目の当たりにし、軍事産業から撤退。犯罪者やテロリストに立ち向かうために、新たなスーツ、マーク3を開発する 。正体を明かさないヒーローを人々はそれをアイアンマンと呼んでいた。副社長との闘いが終結した時に、自らアイアンマンであることを公表する。この時、S.H.I.E.L.D.の長官から「君にアベンジャーズの話をしに来た」と告げられる。

ウォーマシン/ローディ

アイアンマン2(トニー・スターク)

  • 2010年公開

アイアンマンであることを公表して半年後

トニー・スタークは世界平和のためにアーマーを使うが、政府はアーマーを武器とみなし、引き渡しを要求する。

トニーの父ハワード・スタークの共同研究者であったアントン・ヴァンコの息子イワンは設計図を見て、小型アーク・リアクターとそれを動力源とする武器を開発する。 スターク・インダストリーズのライバル会社はイワンを雇い、量産型遠隔操作式二足歩行無人機ドローンなどを完成させる。

トニーとローディー(トニーの親友・ウォーマシン)は、アーク・リアクターとアーマーのテクノロジーが悪用されないように奮闘する。

ラストシーン

S.H.I.E.L.D. はニューメキシコ州の砂漠で、伝説の武器ムジュルニアを発見する。

マイティ・ソー

  • 2011年公開

ソーは北欧神話がベースであり、ソーは神の子(雷神)である。父はアスガルドの神々の王オーディン、母は人間界の女神である。

西暦965年

西暦965年、オーディン率いるアスガルドの軍団は、ラウフェイ率いるヨトゥンヘイムのフロスト・ジャイアントの侵略から地球を守るために戦い、パワーの源であるを押収する。

現代

オーディンの息子ソーの王位継承の儀の時、フロスト・ジャイアントが箱を奪おうとする。その報復としてソーは、弟のロキらと共にヨトゥンヘイムに攻め込む。オーディンの介入により退却、そしてオーディンはソーのパワーを奪うという罰を与え、伝説の武器ムジュルニアと共に地球に追放する。

追放されたソーは天文学者ジェーン・フォスターらにより発見され、S.H.I.E.L.D. は調査を始める。ソーは ムジュルニアも発見するが、パワーを失くしたソーはムジュルニアを持ち上げることができない。 やがてソートとジェーンは惹かれ合うことになる。

一方、ロキは自分がラウフェイの子であることを知り、ロキはソーを抹殺するためにデストロイヤーを地球に送り込む。その時にソーはパワーを取り戻す。

キャプテン・アメリカ(スティーブ・ロジャース )

  • 2011年公開

1942年

1942年、第二次世界大戦中、 入隊を志願していたスティーブ・ロジャーススーパーソルジャー計画の被験者となり、血清を打たれベータ線を照射され、実験は成功、スティーブは超人兵士となる。

ナチスの将校ヨハネ・シュミットはその実験にスパイを送り込んでいた。スパイは血清を製造したアースキン博士を殺し、血清のサンプルを奪おうとしたがサンプルは破損してしまう。

たった一人の超人兵士はお役御免ということで、 星条旗をモチーフにしたコスチュームを着て、キャプテン・アメリカというマスコットキャラクターとして兵士慰問など行う。入隊前の恩人バッキーが襲撃を受けたことを知り、単身でヒドラの秘密基地に乗り込む。バッキーは秘密基地から脱出する際、谷底に落ちて死亡する。

※ヒドラはナチスの秘密組織

シュミットはオーディンから由来するパワーを持つ四次元キューブを奪っていた。そのキューブによりシュミットは吹き飛ばされる。シュミットを追っていたスティーブは、爆弾を積んだワルキューレを北極に沈めた。

70年後、氷の中から飛行機とスティーブが見つかり S.H.I.E.L.D.の基地で治療を受ける。

アベンジャーズ

  • 2012年公開

アスガルドから宇宙空間に飛ばされたロキ(ソーの弟)は宇宙人種族チタウリのリーダーと地球を侵略しようとしていた。

エリック・セルヴィグ博士が研究をしていた四次元キューブが暴走し、ワームホールが開きロキが現れ、心を操る杖セプターセルヴィグやクリント・バートンを味方にする。

S.H.I.E.L.D.はアベンジャーズを結成する。

  • ブルース・バナー博士(ハルク)ナターシャが協力を要請
  • トニー・スターク(アイアンマン)ーセルヴィグの研究資料を手渡す
  • ロジャース(キャプテン・アメリカ)

※ナターシャ(ブラック・ウィンドー)、バートンはS.H.I.E.L.D.のエージェント

S.H.I.E.L.D.がキューブの力を地球外生命体からの攻撃の抑止力に使おうとしていることで激論となり、アベンジャーズは仲間割れする。

アベンジャーズは、ロキをS.H.I.E.L.D.の空母の独房に閉じ込めていたが、操られていたばバートンによりロキは独房を抜け出す。ロキはスターク・タワーの真上にワームホールを開き、チタウリの艦隊を呼び寄せた。

フューリーの上官たちは侵略を食い止めるため、マンハッタンに核ミサイルを発射。トニーは核ミサイルに飛び移り、 ワームホールの向こう側のチタウリにミサイルを撃ち込む。そのことにより、地上のチタウリは動かなくなった。

アイアンマン3(トニー・スターク)

  • 2013年公開

トニーはスターク・インダストリーズを秘書であり恋人であるペッパーに任せていた。

A.I.M.(アドバンスド・アイデア・メカニックス )創設者であり科学者のアルドリッチ・キリアンは、人間の脳の未使用領域を利用して人の能力を向上させる細胞エクストリミスの研究を行っていた。その研究開発を共同で行おうとペッパーに提案する。

不審に思ったスタークの警備主任はキリアンを尾行。浮浪者に薬品を投与、摂取後爆発する姿を目撃する。

アメリカ国内では爆破テロを行っては犯行声明を出すマンダリン率いるテン・リングスというテロリスト集団が問題となっていた。トニーはマンダリンを追うが、マンダリンは実在しない人物であった。キリアンが架空のテロリスト集団を作り上げ、武器を売ろうとしていたのだ。

ペッパーはキリアンにエクストリミスを投与されてしまう。マーク42を装着したトニーの機転と超人化したペッパーによりキリアンは死亡する。

ラストシーン

アマ―依存症となっていたトニーはアーマーをすべて処分、ミサイルの破片を取り除く心臓手術を受け、アーク・リアクターを外した。

マイティ・ソー/ダーク・ワールド

  • 2014年公開

宇宙誕生前

闇の中からダークエルフが生まれる。

インフィニティ・ストーン

宇宙誕生前に6つの特異点が存在し、その特異点からビッグバンが起こり宇宙が誕生する。6つの特異点の残骸はパワーを持った結晶となった。それが インフィニティ・ストーン であり、6つ揃えたものは宇宙を支配する力を持つと言われている。

エーテル

インフィニティ・ストーン の1つであるエーテルを使いダークエルフの中でも邪悪なマキレスが地球を永遠の闇に戻そうとするが、オーディンの父が阻止し、エーテルを地中深くに埋める

現代

惑星の直列で世界の境目が不安定になっている場所を発見する。ソーの恋人であり天文物理学者であるジェーンが境目に吸い込まれ、ジェーンは体内にエーテルを取り込んでしまう。

エーテルの力を感じたマキレスが目覚め、アスガルドを滅ぼして行く。マキレスはジェーンの体からエーテルを取出し持ち去ってしまう。ソーは、惑星が直列し、エーテルの力が開放される前に阻止しようと戦う。

ラストシーン

戦いが終わり、ソーはオーディンに自由を求め許可されるが、実は死んだはずのロキ(ソーの弟)がオーディンに化けていた。

シフ(ソーの幼馴染み)らは 惑星ノーウェアのコレクター タニリーア・ティヴァンにエーテルを預ける。

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー

  • 2014年公開

アベンジャーズの戦いから2年後

S.H.I.E.L.D.の船舶が海賊ジョルジュ・バトロックに占領され、スティーブ(キャプテンアメリカ)、ナターシャ(S.H.I.E.L.D.のエージェントでありブラック・ウィンドー)らは対テロ作戦部隊S.T.R.I.K.E.と共に人質の救出に行く。その時にナターシャが船のコンピューターからデータを取出しているところを見る。

ブラックウィンドウ/ナターシャ・ロマノフ

インサイト計画

S.H.I.E.L.D.は「インサイト計画」を進めていた。スパイ衛星によって敵を捉え先制攻撃するという計画であった。

その計画を不審に思ったフューリーは、ナターシャに計画のデータを集めるように指示する。そして世界安全保障委員会のアレクサンダー・ピアースに計画の延期を求める。

フューリーはウィンター・ソルジャーに襲撃され、スティーブにデータの入ったUSBを渡し死亡する。(死を偽装する)

スティーブがS.H.I.E.L.D.の格納庫のコンピューターを起動すると、ヒドラの科学者アーニム・ゾラの意識が保存されていた。それにより、壊滅したはずのヒドラが、S.H.I.E.L.D.内部で密かに活動を続けいることがわかった。 「インサイト計画」 の真の目的はヒドラの計画の邪魔になる人物を消すことだった。

格納庫のコンピューターは爆撃により破壊される。スティーブの友人であり、元空軍のパラシュート兵サム・ウィルソンファルコン(ウイングスーツ)でスティーブらを助ける。

スティーブはウィンター・ソルジャーと一騎打ちになる。マスクを外したウィンター・ソルジャーは死んだはずのスティーブの親友バッキーだった。バッキーはゾラ博士により記憶を消されていた。

ウィンター・ソルジャーはスティーブとの戦いの中で、記憶を取り戻した。

ラストシーン(エンドロール)

スティーブの護衛をしていたエージェント13はCIAへと移る。ヒドラの研究所でストラッカーは「奇跡の時代」の始まりを宣言する。

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン

  • 2015年公開

ヒドラ残党のリーダー、バロン・ストラッカーロキ(ソーの弟)の心を操る杖セプターを使い人体実験を行っていた。アベンジャーズはソコヴィアのヒドラの研究施設を襲撃する。

トニー(アイアンマン)はロキとともに地球を侵略しようとした宇宙種族チタウリの残骸とロキの杖を発見する。トニーはアベンジャーズタワーに杖を持ち帰る。

トニーとバナー博士(ハルク)は杖を調査した結果、杖の宝石の中に人工知能のようなものがあることがわかった。トニーが発案したウルトロン計画(平和維持計画) にこの人工知能を利用しようとする。

幻覚

人体実験で特殊能力を得たワンダが能力を発動させたことにより、トニーは、アベンジャーズがサノスの領域でチタウリ軍団と戦いに敗れるという幻想を見る。

※サノスは凶暴なタイタン人

人工知能は自我を持ち始め、 ウルトロン・マーク1を作りボディを手に入れる。アベンジャーズはボディを壊すが、その意識はネットワーク上に逃がす。ウルトロンはストラッカーの実験を再開。幼少の頃戦争に巻き込まれた経験から軍事企業スターク・インダストリーズを憎んでいるワンダピエトロがウルトロンと手を組む。

ウルトロンは世界最強の金属ヴィブラニウムでボディを作るために武器商人と会う。アベンジャーズは取引を阻止しようするが、ワンダのマインドコントロールにより、ソー、スティーブ(キャプテンアメリカ)、ナターシャ(ブラック・ウィンドー)が悪夢を見る。ハルクもワンダの特殊能力により暴走してしまう。トニーはウルトロンの取引を阻止する。

インフィニティ・ストーン

ソーは洞窟の泉で、悪夢の続きを見る。インフィニティ・ストーンの夢で、セプター(杖の先端の宝石)、オーブ、エーテル、四次元キューブはインフィニティ・ストーン の1つだった。

ウルトロンはバナー博士の友人チョ博士の細胞再生装置(クレードル)で肉体を作ろうとする。スティーブらはそれを阻止し、グレードルをアベンジャーズタワーに持ち帰る。

人造人間ヴィジョン誕生

ムジョルニア(ソーの武器)の雷を使ってクレードルを起動させると、人口肉体は人格を宿し、ヴィジョンが誕生した。ヴィジョンの額にはマインドストーンが埋め込まれており、その能力により幻覚を見ていたと判明する。

ヴィジョン

ウルトロンの目的

ワンダの能力により、地球へ巨大隕石を衝突させて人類を滅亡させることだとわかり、アベンジャーズとピエトロ、ワンダ、ヴィジョンはウルトロンの計画を阻止するために戦う。

スカーレットウィッチ/ワンダ・マキシモフ

ラストシーン

アベンジャーズは、アベンジャーズ・タワーから新しい基地へ移転し、フューリー、ヒル、チョ博士、セルヴィグが管理することとなる。ソーは、インフィニティ・ストーンの謎を解明するため、アスガルドへ帰還する。バートンはアベンジャーズから離脱し、トニーは一時離脱する。

新しくアベンジャーズとなったのは、ローディ(トニーの親友)、ワンダ、ヴィジョン、サム(スティーブの相棒・元空軍)。

ファルコン/サム・ウィルソン

アントマン(スコット・ラング)

  • 2015年公開

ソコヴィアでのウルトロンの戦いから数ヵ月後。

スコット・ラングは盗みに入った屋敷であるスーツを見つける。それを着ると、体がアリのようなサイズになってしまった。そのスーツを開発したハンク・ピム博士はスコットに身体縮小スーツを着てアントマンになるように依頼する。

ピム博士は妻と共に、S.H.I.E.L.D.に所属し、アントマンになり任務を遂行していた。妻はワスプとして亜粒子レベルまで縮小し戻ることはなかった。そのことで娘のホープとは確執があった。

ピム博士のかつての弟子ダレン・クロスが縮小技術を解明し、身体縮小スーツを 秘密結社ヒドラに軍事用として取引しようとしていた。 この技術を悪用されないように、アルトマンになり試作スーツを奪取し、データを破壊する人物を求めていた。

窃盗で3年間の服役の経験のあるスコットは娘にも合わせてもらえない状況であり、その状況から脱却するためにアントマンになる決心をする。

ラストシーン

ホープはワスプのスーツを託される。ウィンター・ソルジャー(スティーブの親友バッキー)を助けるために、ファルコン(元空軍サム)はアントマンの力を借りる。

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

  • 2016年公開

ソコヴィアでのウルトロンの戦いから1年後。

アベンジャーズは、ヒドラの残党、元S.H.I.E.L.D.の特殊部隊隊長ブロック・ラムロウのテロ計画を阻止しようとしていた。ソコヴィアの一般市民が犠牲になったことで、アベンジャーズを国際連合の管理下に置くことを規定とする「ソコヴィア協定」 が支持される。 現米国務長官サディアスはアベンジャーズのメンバーに協定の署名を求める。

スティーブ(キャプテンアメリカ)は元恋人の葬儀に出席、再開したエージェント13(スティーブの護衛)がベギーの姪シャロン・カーターであることを知る。

ソコヴィア協定の署名式で、爆破テロにより超文明国ワカンダ王国の国王が死亡する。犯人とされたバッキー(ウィンター・ソルジャー)が国際指名手配となる。ワカンダの王子ティ・チャラ(ブラックパンサー)は復讐のためバッキーを捜す。

バッキーは、過去、ヒドラの秘密基地に乗り込んだ際、洗脳された経緯がある。(キャプテンアメリカ参照)ヒドラの残したノートに記された合言葉により、ヘルムート・ジモは再度バッキーを洗脳状態とする、スティーブらによって洗脳が解けたバッキーは自分以外にシベリアにウィンター・ソルジャーが存在することを明かす。

トニーは動画サイトで見たピーター・パーカー(スパイダーマン)を仲間にする。

スティーブ側(署名を拒否)

スティーブ(キャプテンアメリカ)、バッキー(ウィンター・ソルジャー)、サム(ファルコン)、ワンダ、クリント・バートン(ホークアイ)、スコット(アントマン)

トニー側(署名する)

トニー(アイアンマン)、ローディ(ウォーマシン)、ヴィジョン、ワカンダ王子(ブラックパンサー)、ピーター(スパイダーマン)、ナターシャ

スパイダーマン/ピーター・パーカー

ステーブらはジモの計画を察し、シベリアへ飛ぶ。そこでトニーの陣営と衝突する。ローディーは半身不随となる。スティーブの協力者、サム、クリント、ワンダ、スコットは逮捕され、ラフト刑務所に収監される。

トニーはワカンダ国王が死亡した爆破事件の真犯人がジモであることを突き止める。ジモはソコヴィアで家族を失った犠牲者であり、アベンジャーズへの復讐心があった。復讐の連鎖を防ぐために自害を図ったが、ワカンダの王子によって逮捕される。

ラストシーン

スティーブからトニーへいつでも友として駆けつけるという手紙が届く。スティーブはラフト刑務所に潜入していた。

ピーターの元に、トニーの腕のウェブシューターが起動、天井にスパイダーマンのマークが映写される。

アベンジャーズ

ドクター・ストレンジ

  • 2017年公開

天才外科医 スティーヴン・ストレンジは、交通事故に遭い、両手にマヒが残ってしまう。ストレンジは様々な治療法を行い、カトマンズの修行場カマー・タージで魔術師エンシェント・ワンに弟子入りする。ワンは弟子入りに反対だったがパロンの説得で弟子入りできた。そして魔術師として生まれ変わる。

闇の魔術師カエシリウスが現れ、カエシリウスとの戦いになる。カエシリウスはワンが時間を支配しているという。香港の弟子ウォンはカエシリウスと戦っており、香港は壊滅状態であった。そこでストレンジは時間を戻す能力で、町を元に戻した。

ドクターストレンジ/スティーヴン・ストレンジ

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

  • 2014年公開

1988年、ピーター・クイルはヨンドゥ・ウドンタ率いる宇宙海賊ラヴェジャーズに拉致される。

26年後、2014年の惑星モラグでクイルはオーブを盗もうとしていた。 同じくクリー人のテロリスト ロナンもオーブを狙い、暗殺者ガモーラを派遣した。また、ヨンドゥはクイルに懸賞金を掛けた。

クイルはノバ帝国の首都惑星 ザンダーでオーブを売り払おうとする。そこにガモーラと賞金稼ぎのロケット(アライグマ)とグルート(樹木型ヒューマノイド)が現れる。4人は逮捕されキルン刑務所へ。ロナンに家族を奪われたドラックスと共に脱獄する。ガモーラはロナンを裏切る。

ロケット

コレクターのティヴァンによると、オーブは全てを破壊するパワーを持つインフィニティ・ストーンであるとのこと。ディヴァンの使用人がオーブに触れたことでアーカイブごと爆発してしまう。

ロナンは戦闘の末、オーブを持ち去る。クイルを追ってきたヨンドゥに、ロナンがインフィニティ・ストーンにより世界を破壊しようとしていることを話す。

ロナンは自分のコズミックハンマーにストーンを埋め込んだが、ハンマーはドラックスとロケットにより破壊され、ロナンはストーンのエネルギーにより死亡する。

ラストシーン

クリルの父は古代の未知の種族であることを知る。爆発したアーカイブの中には
犬の宇宙飛行士とアヒルとティヴァンがいる。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー/リミックス

  • 2017年公開

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

首都惑星 ザンダーを滅ぼすテロリスト ロナンの計画を阻止したメンバー。

クイル、ガモーラ(ロナンが派遣した暗殺者でロナンを裏切る)、ドラックス(ロナンに恨みを持つ)、ロケット(アライグマ)、グルート(樹木型ヒューマノイド)

ガモーラ

ガーディアンズは、ソヴリン人の女王アイーシャの宇宙怪獣からバッテリーを盗んだことから、追撃され、クイルの父親と名乗るエゴに助けられる。

ヨンドゥはクイルをエゴの元に届けるために雇われた(1988年)が、身柄は引き渡されなかった。クイルの母の死はエゴのせいだと知る。エゴは宇宙を支配するためにクイルの能力をエネルギー源にしようとした。

ヨンドゥがクイルを引き渡さなかったのは、ヨンドゥがクイルの父親だったからだと知る。エゴとの戦闘の中、ヨンドゥはクイルを助け出し死ぬ。クイルはヨンドゥからZune(音楽プレーヤー)を受け取った。

ラストシーン

アイーシャは出産ポッドを作る。そして、グルートが引きこもりだった様子が描かれている。

スパイダーマン/ホームカミング

  • 2017年公開

アベンジャーズとチタウリの戦いの瓦礫撤去の任務についていたトゥームスは、瓦礫からハイテク兵器を作り密売していた。

8年後

高校生のピーター・パーカーはトニーが開発したスーツを貰い、犯罪を阻止していた。ハイテク兵器を着けた強盗集団を追っていた時、バルチャー(トゥームスら)に阻止される。バルチャーらの取引現場を押さえようとするが危機に陥り、トニーが助ける。ピーターの行動で危機に陥ったことからトニーはスーツを没収する。

片想いのリズの家を訪れると、招いたリズの父親はバルチャーの正体トゥームスだった。リズとの話でピーターがスパイダーマンであることを知る。トゥームスはアベンジャーズタワーからチタウリに運搬される武器を狙っていた。ピーターは自分で作ったスーツで阻止する。

この功績が認められアベンジャーズの一員として迎えられるが、ピーターは辞退する。

ラストシーン

投獄されたトゥームスはスコーピオンにスパイダーマンの正体について問われる。

マイティ・ソー バトルロイヤル

  • 2017年公開

ソコヴィアでのウルトロンの戦いから2年後。

神々の国アスガルドの雷神ソーはインフィニティ・ストーンを探していた。

アスガルドへと帰還したソーは、ビフレスト(地球とアスガルドを繋ぐ橋)の番人が、ヘイムダルからスカージに変わるなど 様子がおかしいことから、死んだはずのロキがオーディンに化けていることを暴く。 オーディンは地球の老人ホームにいた。

ソーは、地球をあらゆる異次元の脅威から守護する魔術師 ストレンジの館 サンクタム・サンクトラムに行き、ストレンジがオーディンを保護していることを知る。

ソーは、死を司る女神として恐れられるヘラという姉がいる事実を知る。邪悪な心を持つヘラは、アスガルドから力を得て、アスガルドにいるほどに力を増すとのことで、異次元へ追放され幽閉されていた。オーディンが死ねば、幽閉が解き放たれてしまう。

オーディンが消滅すると、ヘラが現れた。オーディオの宝物庫に封じられていた永遠なる炎で、フェンリル(狼の怪物)らを蘇らせる。

ソーは、惑星サカールでスクラッパー142(アスガルドの伝説である女戦士の精鋭部隊ヴァルキリーの一員)に捉えられ戦士として統治者 グランドマスターに売られる。ソーはアスガルドへ帰還するためにバトルロワイアルに出場する。対戦相手はハルクだった。

リベンジャーズ

ソー、ロキ、ヴァルキリー

ヴァルキリーはヘラへのトラウマや王家への不信感があり、ソーの協力を一旦断るがヘラへの復讐を望んだ。

スルト(炎の悪魔の国 ムスペルヘイムの王 )を復活させ、ヘラをアスガルドごと滅ぼす。

ラストシーン

サノスの宇宙船サンクチュアリⅡが現れる。サカールでは革命が成功していた。

ブラックパンサー

  • 2018年公開

250万年前、地球に鉱石 ヴィブラニウムでできた隕石が落ちてくる。一人の戦士がヴィブラニウムの影響を受けたハーブを摂取し、超人的な力を持つブラックパンサーとなった。

高度なテクノロジーを持つワカンダ王国は世界から隔絶していた。

2016年、ジモによる爆破事件(シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ)で、ワカンダのチャカ国王は死亡する。息子ティ・チャラが新国王となる。

ブラックパンサー/ティ・チャラ

ティ・チャラの友人ウカビのもとへエリック・キルモンガー(本名はウンジャダカ)が現れる。ウンジャダカは、ワカンダの武器を武器商人流していたことで殺されたウンジョブの息子であった。ウンジョブはチャカ国王の弟であって、ウンジャダカは王位を求めた。

王位を決める儀式が行われ、ワンジャダカは王位に就き、ハーブを摂取後、残りのハーブを焼き払ってしまう。そしてワカンダの武器を世界に輸出しようとする。

ナキア(スパイ/ティ・チャラの恋人)、シュリ(技術開発/ティ・チャラの妹)、ラモンダ(ティ・チャラの母)、ロス(CIA)はそれを阻止するために戦い、ディ・チャラは隠していたハーブで復活し、再度スーツを着た。

シュリ

ラストシーン

ティ・チャラは国連にワカンダ王国のことを明らかにする。シェリによりバッキー(スティーブの親友でウインターソルジャー)が治療を受ける。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

  • 2018年公開

邪悪な心を持つソーの姉 ヘラをアスガルドごと滅ぼした(マイティ・ソー バトルロイヤル)後、 アスガルドの避難船はサノスに襲撃される。サノスはロキを殺し四次元キューブからスペースストーンを奪う。

サノスはパワーストーンスペースストーン、2つのインフィニティストーンを入手していた。

ストレンジの持つタイム・ストーンが狙われる。ストレンジは拉致され、トニー(アイアンマン)とピーター(スパイダーマン)が追う。ウォン(香港の弟子)はサンクタム(ストレンジの館)を守護する。

クイル(ガーディアンズのリーダー)らは、リアリティストーンのある惑星ノーウェアへ。ソー、ロケット(アライグマ)、グルート(樹木型ヒューマノイド)はムジョルニア(ソーが扱う武器)に代わる新たな武器を求め伝説の惑星ニダベリアに行く。

2年後

行方不明のトニーを探して、ヴィジョンはニューヨークへ行く。ワンダ(ヴィジョンの恋人)、スティーブらも参戦するが、国連からローディへ逮捕命令が出る。そこでマインドストーンを持つヴィジョンとともに国連の手の届かないワカンダ王国へ向かう。

ストームブレイカー

惑星ニダベリアでソーは ムジョルニアを超える武器ストームブレイカーを手に入れた。

リアリティストーン

クイルはリアリティストーンのあるノーウェアに行くが、リアリティストーンは既にサノスの手に渡っていた。

ソウルストーン

ソウルストーンの在処はガモーラだけが知る。サノスはガモーラを誘拐し、ガモーラの義妹 ネビュラを拷問し、ガモーラが知るストーンの在処を聞き出し、惑星ヴォーミア へ。

ソウルストーンの入手条件「愛するものの魂と引き換え」だった。

サノスは、養女のガモーラを谷底に落とし死亡させ、サノスはソウルストーンを手に入れた。

タイムストーン

ストレンジは事故の後、魔術師ワンの元で、アガモットの目(タイムストーン)による予知能力など修業した。

ストレンジはアガモットの目(タイムストーン)をサノスに狙われ、Qシップに拉致される。

ストレンジの未来予知によると、 Qシップで、サノスに勝てる方法は1つだけ。ストレンジとマンティス(感情を操る能力)により、一旦サノスの動きを止めるが失敗してしまい、タイムストーンはサノスの手に渡る。

マインドストーン

ヴィジョンからマインド・ストーンの摘出手術がシュリ(ティ・チャラ王)により行われる。ワンダは自らヴィジョンとマインドストーンと自分を破壊した。そこでサノスはタイムストーンで時間を戻し、ヴィジョンの頭からマインドストーンを取り出した。

ラストシーン

サノスは遂に6つのストーンを手にした。サノスは消え、宇宙の生命の半分が消えた。サノスは日の出を眺めていた。

アントマン&ワスプ

  • 2019年公開

キャプテン・マーベル

  • 2019年公開

アベンジャーズ/エンドゲーム

  • 2019年公開

スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム

  • 2019年公開
スポンサーリンク

About ゆきを

ジャンルに拘らずに、好きなことを書いてます。 趣味であったり、覚書きであったりします。 むずかしい言葉を使わず、流行りの言葉を使わないように書いてます。